アメリカ株式は上昇しました。

ドイツでは、9月の選挙でメルケル首相率いる「キリスト教民主・社会同盟」が 第一党を維持したものの、連立を模索していた3党連立は 意見の隔たりが埋まらず交渉は決裂しました。 アメリカでも、税制改革の不透明感が払拭されず 政治面の不安から日中は円高傾向が継続し、日経平均株価も下落しました。 ニューヨーク時間からは、ダウ平均株価の回復を受け、為替はドル高に。 10月の景気先行指…

続きを読む

株価は再び上昇するでしょうか?

昨日の日経平均株価は7日ぶりに322円も上昇。 アメリカ株式の下落を受け日本株も下落すると思いましたが 意外な結果となりました。 アメリカでは、ウォルマートの好決算わ受け、投資家は好意的に反応。 下院で税制改革法案が可決れた事も安心感を与え、ダウ平均株価は上昇しました。 アメリカの鉱工業生産指数は予想を上回りましたが、新規失業保険申請者は増加し 為替は113円台のレンジ内での…

続きを読む

ドル安トレンド?

日本の7-9月期の実質GDP成長率は1.4%上昇となり 16年ぶりの長さになりましたが 市場予想を下回り、日経平均株価は6日続落です。 アメリカの小売売上高は前月比0.2%プラスと市場予想を上回りました。 ハリケーンによる復興需要が続いています。 消費者物価指数も一年前に比べ2%上昇しました。 為替も、アメリカの指標は悪くなかったですがドル安が進みました。

続きを読む

再び円高。

原油価格の下落や中国経済の成長が鈍っている懸念から アメリカのダウ平均株価も上値が重い展開。 ドイツの7-9月期のGDP成長率は前期比より0.8%上昇 イタリアでも0.5%となり、ECBの資産買い入れ縮小を裏付けるかたちになりました。 アメリカの10月生産者物価指数は前月比より0.4%上昇と予想を上回り 12月利上げの後押し材料になりました。

続きを読む

株価の上値は重いです。

日経平均株価は4日続落、アメリカの税制改革の遅れから ダウ平均株価の下落もあり、利益確定売りが進んだようです。 この下げが一服すれば、そこが買い場との強気なエコノミストの意見も。 昨日は、アメリカのFOMCで投票権わ持つ フィラデルフィア連銀総裁ハーカー総裁が来日し講演。 資産縮小は予測可能で退屈なものになると発言。 OPECは来年は景気拡大から、原油需要が伸びる…

続きを読む