ドル安継続

ダウ平均株価は取り引きが閑散とする中 買い材料と売り材料が交錯する展開です。 アップル株の下落が相場の重しになっています。 IphoneXの需要が弱いとの報道から一部のハイテク株に売りが入りました。 一方、リビアでの供給懸念が浮上しエネルギー関連株が上昇、下値を支えました。 原油価格は2年半ぶりに一時60ドル台まで上昇。 アメリカの10月のケース・シラー住…

続きを読む

来年はドル高でしょうか?

アメリカのダウ平均株価は、税制改革法案が大統領の署名を受けて 成立したものの、材料出尽くし感から、新たな買い材料も無く下落しました。 アメリカの新車販売が12月は前年比から2.6%ほど減少するとの見通しです。 イエレン議長やニューヨーク連銀総裁退任するなど FRBの体制は不確実だが近年よりもタカ派になり 年4回の利上げを予想するとのエコノミストの意見もあります。 ドル…

続きを読む

為替は若干ドル安です。

日銀は金融政策決定会合で金融緩和の維持を決めました。 景気判断は緩やかに拡大しているとの表現を維持し 設備投資は「増加傾向」が続く、個人消費は「緩やかに増加」と 前回から上方修正しました。 ダウ平均株価は目標株価の引き上げがあったエネルギーセクターに 買いが集まり相場を押し上げ上昇しました。   アメリカ商務省は7-9月期のGDP改定値を下方修正されました。 フィラデ…

続きを読む

ドル高トレンドになるでしょうか?

アメリカ議会上院は、税制改革法案が僅差で可決されました。 これを受けて、為替はドル高です。 減税の規模は10年間で1.5兆ドル(170兆円)と大型減税です。 この減税には賛否両論があり、減税額以上の経済効果があるとする エコノミストや、低金利で既に恩恵を受けているので 企業の行動を変えるほどではないとするエコノミストの意見もあります。 当然、前者を見越しての減税なので、今後の…

続きを読む

ダウ平均株価は上昇一服です。

昨日の日経平均株価は、23.000円目前で小幅に下落 リニア談合による建設大手株が上値を抑え、下げの要因の一つになりました。 日本政府は来年度の経済見通しで GDP成長率を1.8%と発表、潜在成長率1%を上回る見込みです。 ダウ平均株価の上昇は一服、様子見姿勢となりました。 アメリカの住宅着工件数は一年ぶりの高水準です。 為替は若干ドル高です。 今週は日銀の金融…

続きを読む