地政学リスク継続

アメリカ市場は休場。
北朝鮮が新たな弾道ミサイル発射の可能性があるとの情報で世界的に株価が下落しました。

ユーロ圏生産者物価指数は市場予想を下回り、3ヶ月連続で伸びが鈍化、ユーロ高懸念の払拭になるか?

エコノミストは今週はECB理事会後の円高の可能性もあるとの見解です。


今日の夜にはFRBブレイナード理事の講演が控えてるので、相場は様子見です。




この記事へのコメント