為替は円高継続です。

日経平均株価が乱高下
アメリカ大統領選挙のあった去年11月9日以来の値幅となりました。
為替は、午後から113円台半ばまで円高になりました。

アメリカの税制改革法案は、上院が提示した内容が
先週の下院が公表したものとは異なり、法人減税が一年先送りとなる見通しから
ダウ平均株価のマイナス要因となりました。

ヨーロッパ委員会は、最新の経済見通しを公表し
今年のユーロ圏の成長率を大幅に情報修正しました。
過去10年で最も高い伸び率になると予測しました。

この記事へのコメント