北朝鮮がミサイル発射。

北朝鮮が弾道ミサイルを発射しました。
再び地政学リスクの再燃で為替への影響はどうなるでしょうか?

日本のOECD(経済協力開発機構)は、日本の成長率が2018年は1.2%になると上方修正。
世界景気の拡大で、輸出が伸びるとの判断です。

アメリカでは次期FRB議長のパウエル理事が上院で
金融規制の緩和に前向きな姿勢を示し、金融株が上がりました。
更に税制改革法案が上院の予算委員会で承認された事から
ミサイルを受けて一時的に下げた株価は、再び上げ幅を拡大しました。

この記事へのコメント