為替は若干ドル安です。

日銀は金融政策決定会合で金融緩和の維持を決めました。

景気判断は緩やかに拡大しているとの表現を維持し
設備投資は「増加傾向」が続く、個人消費は「緩やかに増加」と
前回から上方修正しました。

ダウ平均株価は目標株価の引き上げがあったエネルギーセクターに
買いが集まり相場を押し上げ上昇しました。
 
アメリカ商務省は7-9月期のGDP改定値を下方修正されました。

フィラデルフィア連銀が発表した製造業景気指数は前月比から
上昇しましたが、11月シカゴ連銀が発表した全米活動指数も
ブラス圏を維持しましたが、新規失業保険申請者数が悪化し
為替は若干ドル安です。

この記事へのコメント