ドル安継続

ダウ平均株価は取り引きが閑散とする中
買い材料と売り材料が交錯する展開です。

アップル株の下落が相場の重しになっています。

IphoneXの需要が弱いとの報道から一部のハイテク株に売りが入りました。


一方、リビアでの供給懸念が浮上しエネルギー関連株が上昇、下値を支えました。

原油価格は2年半ぶりに一時60ドル台まで上昇。


アメリカの10月のケース・シラー住宅価格指数は
前年比6.2%上昇、堅調さを維持しました。

ダラス連銀製造業景気指数も大幅に改善し
経済は順調な伸びを示しています。

為替は変わらずドル安です。

年内はこのままレンジ内での動きが続くでしょうか?

この記事へのコメント